2011年01月31日

寒い時にこそ自己破産を考えた

こんばんは。
自己破産オヤジです。

今日は夜勤だったのですが、
降雪で現場の作業が続行不可能となり、
途中で中止になりました。
半日以上働いていたので、給料としては一日分が支給されます。
もうちょっと早く中止が決まっていたら、
半日ぶんになるところでした。
何より、一日分貰えることよりも、
この寒さですから、早く帰宅できる事のほうが、
安堵を覚えるくらいの、冷え込みようだったと言えます。
オヤジのような中年には堪えるのですよ・・・。

オヤジの借金は自己破産する事によってなくなりました。
借金で苦しんで自殺するくらいなら、
自己破産をする事を、オヤジはこのブログで訴えています。
もちろん、自分が借金をしたくせに、
払えなくなったら自己破産するのかという意見はあると思うし、
それは正当な意見だとオヤジも思います。
ただ、命の重さはお金では換えられないし、
それで命を絶つよりは、法的に認められた手段、手続きである、
自己破産をしても良いのではないかと思うのです。

それによって、新たな生活を迎える事ができるし、
こんな寒い日には、オヤジも帰る家があり、
雨風、寒さを凌げる場所があって、本当にありがたく感じています。
もちろん自分が踏み倒した借金の事は真摯に受け止め、
これからの生活を続けていくつもりです。

こんな寒い日はいろいろと考えが巡りますね。
今日は少しだけ燗酒でも煽って、眠りつこうかと思います。
posted by hasan-oyaji at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。